よくある質問

破産手続について

株式会社日食(以下「破産者」といいます。)は現在どのような状況にあるのですか?
大阪地方裁判所で平成28年4月15日午後3時に破産手続開始決定を受けました。
弁護士山形康郎が破産管財人に選任されています。保全管理に引き続き、破産管財人として破産者の財産の換価などに務めております
また、21名の弁護士が破産管財人代理に選任されています。
破産会社の役員はどうなっているのでしょうか?
代表取締役社長に対して破産手続開始決定がなされ(大阪地方裁判所平成28年(フ)第1805号)、本件とは別の弁護士が破産管財人として管財業務を行っていましたが、すでにその破産手続は終結しています。
債権者集会は開かれないのですか?
本件では、債権者が多数に上ることから、債権者集会は予定されていません。
債権者のみなさまへの情報提供は、本サイトで行ってまいります。

破産者に対する債権について

破産者に対して債権を有していますが、債権者として把握されているでしょうか?
平成28年4月15日以降、破産債権者として裁判所が把握している債権者のみなさまには、大阪地方裁判所から、破産手続開始決定等の通知書が発送されています。
なお、通知書はお取引のあった支店ではなく、本店に送付されている可能性もあります。
破産債権届はどうすればいいのでしょうか?
既に債権調査は終了しております。

破産者の財産などについて

破産者から商品を預かったままですが、いつ引き取ってもらえますか?
在庫等の処分は完了しました。
もし未処理の預り商品が残っている場合は、お手数ですがコールセンターまでご一報ください。
どの事業が承継されたか教えてもらえますでしょうか?
三菱食品株式会社との合意結果をご覧ください。
破産者のお店は全て閉まったのですか?
破産者が営業してきた店舗は、既に営業を終了しております。
不適切な会計処理があったとの報道がなされていますが、どのような内容でしょうか?
粉飾決算が確認されました。